研究

ICHARM research strategies by 5 categories

ICHARM は、以下の5つの研究の柱のもと、水災害のハザードに係わる観測、予測、分析手法、暴露と脆弱性の評価、分析、モニタリング手法、水災害軽減の実務的な政策メニューの提言に関する幅広い知識を蓄積し、それらを活用して、問題解決に資する質の高い研究成果を継続して行う。

Current research themes

土木研究所 研究開発プログラム

  土木研究所は、将来も見据えつつ社会的要請の高い課題に重点的・集中的に対応するため、中長期目標で示された以下の目標に取り組んでいます。

  1. 安全・安心な社会の実現への貢献
  2. 社会資本の戦略的な維持管理・更新への貢献
  3. 持続可能で活力ある社会の実現への貢献

  これら3つの目標を遂行するため、研究グループ長をプログラムリーダーとする17の「研究開発プログラム」を構成しています。
●「研究開発プログラム」一覧
https://www.pwri.go.jp/jpn/research/program/index.html

  ICHARMでは、「1. 安全・安心な社会の実現への貢献」に関する研究開発プログラムとして、水災害研究グループ長をプログラムリーダーとする『国内外で頻発、激甚化する水災害に対するリスクマネジメント支援技術の開発』に取り組んでいます。
●本研究開発プログラムの概要
https://www.pwri.go.jp/jpn/research/program/04/1-2.html

  本研究開発プログラムにおいて、ICHARMは以下の5つの主要研究課題、重点研究および基盤研究を設定し、効率的に研究を遂行し、効果的なアウトプットを目指します。

主要研究課題
重点研究
基盤研究
基盤研究(萌芽)
トリチウムを用いた地下水と河川水の定量化による渇水モニタリング手法の開発
ドローンを活用した円滑な災害対応のための水災害状況把握手法の検討

外部資金による研究

統合的気候モデル高度化研究プログラム
地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム(水課題アプリケーションの開発)

その他主要な研究

各ICHARM研究員による研究トピック紹介

Researches using IFAS/RRI

Research theme using IFAS
Research theme using RRI model

Past research themes

Paper List

※ 新しいウインドウで開きます。